許可

 

自分に対してここが問題だということがあるとして

現実はすぐに変わらないとしても

そのことへの判断を中立にする意味でも

そんなことしてる自分にまずオーケーを出してみる

「〇〇してもいい」「〇〇しなくていい」

「〇〇でもいい」としてみる。

ノートに書いて目で見てみると、意外と波及効果が

あるので、やってみてほしいものです。

 

○○してはいけない→○○してもいい

○○ではいけない→○○でもいい

 

改めて、ダメだと思っている部分へ

許可を出して、紙に書き視覚化してみる。

 

そうすると、どういうわけか安心感が出てきて

心が緩まって楽になることってあると思います。

 

現実に対処をしていくことは変わりませんが、許可を出してしまうと

気持ちの上で苦しさが軽減されてくることもあります。

 

 

投稿者プロフィール

青柳裕美
青柳裕美
くれたけ心理相談室(浜松支部)の心理カウンセラー、また事務局長としても活動しています。

お気軽にコメントを!