抜けられる

 

私がカウンセラーなろうと思った切っ掛けは、

私が20歳頃に表面化した葛藤、生きづらさ、

人生に意味を見いだせなくなったことなどから

 

その時に受けたカウンセリング、起こった出来事、

周りの人の助け、読んだ本、自分の変化など

様々なことの中から、徐々に自分が葛藤から解放され、

自分を癒して、満たされていくことができたこと、

後から振り返ってみると自分の中にあるものを

カウンセリングの場で出せたことによって

気づきや腑に落ちるという感覚を掴めたことが

大きかったと感じています。

 

カウンセリングのような気持ちを出せる場所が

必要な人もいるということを強く感じたこと、

 

さらには自分の性格、生い立ち、知識、経験をカウンセラーという

仕事の中で発揮できるのではという考えに行き着き

今の自分に繋がってきました。

 

今、生きづらさや葛藤を抱えていらっしゃる方に

何か少しでも参考になることがあればと思い

この記事を書いています。

 

関係のブログを以下にまとめてみました。

カウンセラーになろうと思ったキッカケ

アダルトチルドレンの革命

アダルトチルドレン

 

青柳裕美
青柳裕美
くれたけ心理相談室(浜松支部)の心理カウンセラー、また事務局長としても活動しています。

お気軽にコメントを

前の記事

ツンデレ

次の記事

やっぱり好き