理想の父親、母親像を考えてみると

自分の人生を楽しんで生き、自然と”人のため”

を実践できる人、ということかなぁと思います。

 

しかし、人生の中で、様々な学びをテーマにしてきている

場合は、たとえ理想の父親、母親ではない場合でも

それは試練であっても、結果的にはそれが必要で

ある意味理想の両親なのかもしれないとも思います。

 

若い時にはわからなくても、時間がたってからわかる

こともあり、大変なことが後で自分のためになっていたり

何がいいのかは一概に言えないこともありますね。