今月のお題、「言えなかった一言」について連想する思い出です。

 

しばらく考えてみると、過去のいろいろな場面が浮かんできました。

しかしその場面の最後には、伝えたいことは何かの形で

伝えてきたことが多かったように思います。

 

言えなかったことも確かにあったのですが、

自分の(言いたかった気持ち)を自分がわかってあげること

(言いたかったけど言えなかったという事実を受け入れたこと)で、

自分の中には、今、「言えなかった」という形では残っていないんですね。