感覚をつかむ

 

自分の中の感覚をつかむということ

 

嫌だと感じる、好き、嫌い、など

自分の感覚を感じて、大切すること

これが大切だと思います。

 

周りの人の為、常識、社会的に良いとされること

ばかりを基準にしていると

自分の感覚がよくわからなくなることがありますが、

これは、意識していくことでまたわかるようになっていくことがあります。

 

自分の気持ちがよくわからないくなってきたときは

身体の状態をなるべくよくした上で(ゆっくり休む、ほっとする状態を作る等)

 

意識的に気持ちをつかむように、自分に問いかけるのもよいことで、

本当はどういう気持ち?どうしたい?など

感覚ベースに焦点を当ててとらえていくと、

自分のペースを取り戻すことに繋がってくることがあります。

社会生活の中でも自分の感覚を大切にしながら

バランスをとっていきたいものです。

 

 

あなたの中の幸せの場所へ

青柳裕美
青柳裕美
くれたけ心理相談室(浜松支部)の心理カウンセラー、また事務局長としても活動しています。

お気軽にコメントを

前の記事

毎日の幸せ

次の記事

桜の見え方