陽に転じる

苦しい状況が続いていると

本当に辛い時があると思います。

 

その苦しい状況は変化の前触れとして

起きてきている場合もあり、

その渦中に起こした行動や変化によって

本当の自分の声をもとに生き始めるチャンスに

なることもあると考えます。

陽に転じるために起きているとも言えるのではないでしょうか。

 

多くの、相手が原因のように見える出来事は、自分の中の恐れや自己否定の思考から発生しているということがあると考えます。

 

相手は自分の持っている感情を後発的に見せてくれているということもあるかもしれません。

 

恐れや不安を抱え込まず解放して

そのままの自分の声をキャッチしていくことから

はじめてみるといいかもしれません。

 

今までの自己イメージはどの時点からのもので、

どんなものなのか?

 

ネガティブなものが極まった時こそ、今までの習慣や思考、原因を見つめる他ない状況になり

思い込みを変える、原因が腑に落ちる、新たな視点を得て

改善したり、苦しいかったことを忘れる状態となれる

こともあると思います。

 

カウンセリングの中では負の感情の解放、そういった感情の動きを客観的にみつめていくこともしていきます。

 

投稿者プロフィール

青柳裕美
青柳裕美
くれたけ心理相談室(浜松支部)の心理カウンセラー、また事務局長としても活動しています。

お気軽にコメントを

次の記事

今はこれ