第3者を含めた解決への道

日々、感じること、考えることの多くが

過去の出来事に向かっている、

または、常に自分に嫌気がさすなどの

傾向が見られる場合、

 

過去のことについて、思い残していることがあったり

モヤモヤしたことの一つ一つが溜まっている状態から

気持ちがなかなか”今や未来”に向けられないというケースもあります。

 

◯「自分は本当はこう思っていて、辛かったが、

その気持ちを出す場所がなかった」

 

◯本当はこうしたかったのに出来ずに無念だった

 

◯あの時のあの人の言葉に傷つき、それが今も心に刺さっている

 

◯いろいろな出来事があったが、いつからかマイナス思考、

自分が悪いので仕方がないと自分を責める思考パターンになっている

 

 

こういった状態の時に周囲にいる人からは

(過去のことばかり言っても仕方がない)とか

(いつまで昔のことを持ち出しているんだ)など

そういった批判の声が出てくることもあるかと思います。

 

周囲には理解してもらうのが難しい局面では、

第3者としてカウンセリング(気持ちを否定されない場所)で

充分に過去への気持ちを出していき

気持ちを客観的に見ていく時間も持つことも有効です。

 

この過去への思い残しについて、

しっかりと見つめていくことができ、

その無念な思いが癒されていくことで

気持ちが”今現在”、その後”未来”に向いてくることが

多くあると考えています。

 

そこにかかる時間は人それぞれ差はあるものですが、

完全にその無念な気持ちに向き合ってしまうと

経過として、気持ちは”これから”に向かう他なくなるという

性質があるよう感じています。

 

過去のことだから、些細なことだからと軽視せず、

自分の気持ちをクリアにしていく時間をとっていくことで

前を向けるということもありますので、

カウンセリングを含め、ふと気になった、頭に浮かんだ方法を

ご活用いただければと思っています。

 

 

 

投稿者プロフィール

青柳裕美
青柳裕美
くれたけ心理相談室(浜松支部)の心理カウンセラー、また事務局長としても活動しています。

お気軽にコメントを!