感情でいっぱいになった心のバケツから

気持ちを言葉にして、出していくこと

 

感情を出していくことがすぐに必要な場合もあると考えています。

 

どうしていったらいいのかわからなくなっている、

自分の行動のパターンからどう抜け出していけばいいのかわからない状態や

常にイライラしている状態怒りを制御できないと感じる

涙がとめどなく出続ける、などの状態が顕著な場合には

 

カウンセリングのセッションなどの場で

今気になっている事柄について、(過去、現在、未来含めて)

私はこう感じている

私はこう感じていた

を出して(話して)いっていただいています。

 

怒り、悲しみ、寂しさ、言いたいことを言わずに抑えて

溜め込んでいくと、いつかいっぱいになったバケツから

溢れて出てきて止まらないような状態に

一時的になってくることがあります。

 

出せなかった感情の詰まったバケツに、空き領域を作ることで

徐々にではありますが、気持ちに余裕を持つことが

できるようになっていきます。

 

満たされない想いや、辛い気持ちを出していくことで、その後徐々に

今までは掴めなかった本音、こうしたいという気持ち

が出てくる(気づく)こともあります。

 

段階を経て、ご本人の中で、自分はこうしていけばいいんだよねという

ものが浮き彫りになること、意思決定していけるようになること

が最終的には大切なことかと思います。

 

そこまでの道のりは各個人によって異なってくる

ものですが、なるべく早くにそういった気づき

の方向に行きつくことを目指しています。