映画「未来のミライ」観てきました。

この映画を観て、

魂の声というのは、子供みたいにシンプルで、

それは一人一人の大人の中にもずっとそのままに

過去、現在、未来関係なく存在しているように感じました。

駄々をこねている主人公のくんちゃんのように

素直な気持ちが誰の中にもあって、

その素直な気持ちに耳を傾けることも時には、

大人になっても大切だなと思いました。

そして「見えないけれど繋がっている私達」

というメッセージも伝わってきました。

生きていることを違った角度で見てみることができる

映画の力は素晴らしいですね。

 

お子さんと一緒に観るのもおススメの映画です。