なったつもり

こうなったらいいな〜という理想の状態に

なった時は、自分の感覚としては

あたりまえ、なるべくしてなったという

感覚だったりすると思います。

 

今の自分と理想の自分の間に違和感や、

大きな差がないということ(という気持ち)

が大切なんですね。

 

人には居心地のいいゾーンがあって、

そこから外れた場所(状態)は居心地が悪いわけです。

 

よく、理想の自分になったことを

イメージするといいと聞きますが、

 

これは今の現状と理想の状態になった時の

意識の落差、違和感を無くす(理想の自分を

今の自分といっしょに居心地の良いものとして感じる)

ということなんですね。

 

自分はこうなるというイメージに違和感がないと

願望の達成も近づいてくるというわけですね。

 

 

投稿者プロフィール

青柳裕美
青柳裕美
くれたけ心理相談室(浜松支部)の心理カウンセラー、また事務局長としても活動しています。

お気軽にコメントを!