どちらかの選択肢しかないと決めてしまうと、

苦しくなってきますね。

「相手が間違っていて、自分が正しい。」

「相手が正しくて、自分が間違っている。」