幼少期、両親とのやり取りのなかで、

親から発せられた言葉が突き刺さり、

「自分は信用されない人間だ」という

[思い込み]のパターンができたとします。

潜在意識、無意識の中にその信念があることによって、

その後身の回りに起きてくる出来事が、

そのパターンの再演を繰り返すということがあります。

「また信用されないんだ」と思わされる場面に

遭遇することになり、

そのうちそれがどこからきたものなのかわからない

という状態になっていきます。

その信念の発生した出来事がポイントになってくるわけですが

自分一人ではなかなか見つけることが難しいこともあります。

人との対話によって心を少し紐解いていくことで、見えてくることもあります。

深い部分にあるものについてはセッションの中で

その部分を見つけ、解放していくこともできます。