ゆるす(赦す)こと

夕日 人影

自分の嫌いなところ、ダメだと思っているところ

みんなと同じようにできないこと、

 

 

これは良いところ、才能、能力、魅力

など良いとされるところと同様に

必ず存在する部分だと思います。

そういう自分もいることを、良しとしているかどうか(赦してあげている)

そんな自分を見つけるたびにダメじゃないかと否定するのか

大きく違いが出てくるように感じます。

 

 

みんなと同じようにできない自分を

赦してあげることで少しずつ心待ちが軽くなってくることがあります。

 

自分を赦せないことから人も赦せず、

長年の自己否定によって体調に悪影響を及ぼすことも考えられます。

 

多数の人と一緒に何かするのが苦手な人もいて

人より睡眠時間を多く必要とする人もいて

みんなと同じようなペースで生きていくことができない人がいて

(会社に勤めて朝から夜まで働くスタイルが向かないなど)

 

多数の人と同じようにできないということは、人より得意なことがある可能性もあります。

 

それをすぐに職業にすることは今はむずかしく感じても

少しずつ何かできることがあるのではないかと思います。

 

自分への否定が一番エネルギーを下げることになって

その状態ではマイナスの思考サイクルに入り込むことが多く

改善の方向が見えづらいことがあります。

何かに失敗したなら、また次に教訓を生かして行けばいいし

それによって自分を否定する必要がないのかもしれません。

 

無意識から〇〇してはいけない、こうあるべき

という限定事項が出でくる場合は

紙に〇〇してもいい、こうでなくても良いと書いたり、自分に言ってみたりして

気持ちを緩めてみてほしいと思います。

 

 

投稿者プロフィール

青柳裕美
青柳裕美
くれたけ心理相談室(浜松支部)の心理カウンセラー、また事務局長としても活動しています。

お気軽にコメントを