気に入ってよく行っていた雑貨屋さんが

来月で閉店することになり、少し寂しい気持ちになりました。

ここ10年そのお店を見てきて、友人に贈り物をする際には

大抵そこにいくと気にいるものがあって、

ごひいきにさせてもらっていました。

お店が何年も存続するってすごいことなんですよね。

何事にもはじまりと終わりがあること、

素敵だったこのお店に何度も来れたこと、

良かったけど、ちょっと寂しいな〜と感慨深い気持ちになりました。

お店も時代の流れとともに変化していったりするものなんだなと感じました。

 

お店に限らず、人と人との出会いやご縁もいつどのように変化するかわからない

ものですね。

その時その時、目の前のことを大切にしたいなと思いました。