以前に読んだ本の中で、最近ふと気になった本があり、

また少し目を通して見ました。

 

「人生を変える波動の法則」(ペニー・ピアーズ)   (山川紘矢・亜希子 訳)

⚪︎自分の思いぐせを知る

⚪︎感じ方のくせはどのように作られたか

⚪︎否定的な波動から自由になる

⚪︎直感の時代の解決法とは

(目次からの抜粋です)

 

人間関係の中で、人と人の間を満たす空気の中に

恐れ、または愛などがあり、波動の高い低いを含めて

それは作用し合っていることなど

目に見えない部分についても語られています。

 

「運命とは、日々の問題を一つずつ、悩みからチャンスと導きへと変えることによって

少しずつ進んで行くものです。1つ1つの問題と向き合う時

魂が何を意図しているか探しましょう。」(文中からの抜粋です)

 

中には難しく捉える方もあるかもしれない分野ですが、

今の時代には大事な感性のお話だと思います。

 

内側を見つめることで自分について知ること、

人の意識が身の周りの現実にどのように作用しているかなど

新しい視点で内省の時間を取りたい方にはお薦めの本です。