無意識に繋がる、雑念のない状態に

本音が湧いてくることがあります。

 

普段は、現状に合わせた思考に限定する意識が働き、

本当の気持ちや、こうしたらいいというひらめきを

掴むことができないこともあるのではないでしょうか。

 

まずは、気持ちを表に出すこと、誰かに話すことで、

リラックスできる方向に近ずけていくことができます。

 

リラックスしていくことで、本心を掴み

気持ちの折り合いがつくということもありますし、

次の行動を変化させていく力にも繋がってきます。

この本心については、良い悪いという判断は必要ではなく、

ただそう感じている、思っている。とそのままに受け止めることが大切になってきます。

 

こういった気持ちを一緒に見つめていく作業がカウンセリングになります。