「ここに(自分の胸の部分を指して)ないものは与えられなかった。

申し訳なかった。」と父は亡くなる少し前に私に謝ってくれたことがありました。

思ってもみなかった言葉だったので、驚きましたが、

最初で最期だったその謝罪は、私の中に

わずかに残っていた何かをすっきりとさせてくれました。

それまでのやり取りの中で、いろいろと気持ちをぶつけてしまったこともありましたが、

本音でぶつかることができて良かったと思います。

 

父は、親からの愛情を充分に受けることがなかったため

私に愛情を上手く伝えることができなかったと言い、

「お前は自分でそれを人に与えられるようになってくれ」と言っていました。

 

父との間の葛藤は、父が亡くなる前に集結しました。

3世代で連鎖していることや、時代背景など含め、父と、葛藤してきた自分自身も許すことができたことで気持ちが軽くなりました。

 

両親との間に葛藤がある方も多くいらっしゃると思います。

何かの形で本心が伝わるといいと思います。

話のできない状況にある方も、どうせと諦めずに関係性の見つめ直しを

してみてもらいたいものです。

相手への働きかけもそうですが、ご自身の中での捉え方が大切だと思います。

最終的には両親に対して感謝できることが、私たち自身の幸せにも繋がっている

のでしょう。