誰かに自分の気持ちを話せる場所がある。

 

この場所の重要性ははかりしれない。

 

内容によっては、友人、知人よりも第三者に

話すほうがいいケースもあると考えます。

 

私自身、カウンセリングの場の重要性を

本当に感じられたのは、受けている時より

通わなくてよくなってからであった気がします。

 

自分の人生を客観的に見た流れの中で

その期間に自分の感情を出しきれたことが

 

発想の転換や、新たな気持ちが出てくる余裕を生み

思いもよらない、それまで見えなくなっていた

愛と感謝に出会うことに繋がるということもありました。

 

 

カウンセリングの場で自分の中にある思いをまず出していくこと、

 

そのうちに、日々目の前にいる人たちとの関わりで、

それまでは自分の思いや苦しさでいっぱいに

なっていて見えなかったものが

目に入りはじめることがあったりする。

 

本その他、新しい知識(自分の苦しさはどこから来て、

どう癒して行けばいいのか)を取り入れていくこと



この辺りを合わせて意識していくといいかもしれません。

 

カウンセリングでも言えることは

まず出すことが必要だということですね。