DSC_0170

カウンセリングがどういうものか?

受けてみるまで私もどういうものかは知りませんでした。

ただ、その時は自分の苦しく感じていることをとにかく話していった。という感じでした。

 

話していく中で、最初はカウンセラーからどんな言葉が返ってくるのか構えているところがありました。

しかしカウンセラーからは何か批評するということもありませんでしたので、

経過を見ながら通っていろいろと話すことができました。

 

私自身の体験から感じたことは、カウンセリングは自分との対話だったということです。

 

カウンセリングでは、クライエント様の感じている気持ちに焦点を当てていきますので、

より自分の考え方や気持ちへの理解を得る手段として、ご活用いただければ

と思っております。