誰かから投げかけられた言葉も

捉え方によって意味が異なってくるように

私たちは毎瞬、意識(捉え方)を選択しているんですね。

 

被害者的に受け取ることも、その人なりの考え方として

客観的に受け取ることもできるということなのでしょうね。

 

相手の言葉が心に引っかかった時には、

ちょっとそのことについて客観的に振り返ってみると

なぜそのことが気になったのか、自分なりに腑に落ちることがあります。

 

相手に同じ価値観であることを求めていた自分がいると、

そうでない場合に心がざわざわしてきたりします。

これは1つの例ですが、なぜ心に波風がたったのか

ちょっと振り返る習慣をつけています。

 

意外と自分の中から答えは出てきたりするものです。