浜松市・湖西市の心理カウンセリングは 【 くれたけ心理相談室 浜松支部】青柳裕美公式サイト
ブログ ~光の中へ~

カウンセリング

自分の中の物語

表面の怒りのその奥には、 悲しみがあったのだと気づきました。   こうしてほしいのに、してくれない という要求があり、自分の思った形で 満たされないと失望、落胆する。   直接よく話したわけではないの …

長い休みの間に思ったこと

このお正月休みに、自分の中で再確認したことがあります。 一年の中でもこれほど長いお休みはないのですが、改めて気持ちの整理や確認をする機会になりました。   それは、「私はなぜカウンセラーをやるのか?」ということ …

アダルトチルドレン

「自分だけを見て欲しい」 「好きな人の気持ちを独占したい」 この気持ちが強く、心のバランスがどうも取れない。 恋愛で自分の気持ちと付き合っていくのが難しいという方。   この傾向が強く出てバランスがどうしても取 …

無意識からの声

『傷つくのが恐かったんだ。』『本当は寂しかったんだ。』 無意識の部分にある想いを実感、解放することで起こる癒しがあります。 自分に対する深い気づきが起こったとき、人は自然と変わっていくのでしょうね。 私もまだまだ自分への …

今まで見ていたものが、違って見える時

心境が大きく変化した時、 (別れの体験、命の期限を感じさせられた時、大きなショックを受けるなど) 極限の感情を乗り越えたあとに 今まで見ていたものが不思議と、視覚的に異なって見えるということがあります。 視界が明るくなる …

セラピー/カウンセリングについて

くれたけ心理相談室 浜松支部では、ご希望のカフェにて、対面カウンセリングを承っております。 また、電話、スカイプでのカウンセリングにも対応しております。 お一人で悩んでおられることなどありましたら、お声かけください。 日 …

その人を動かしているもの

潜在意識のつぶやきの中に、 「人に認められなければ生きて行けない」のような 世代を超えて家系の中で無意識に受け継がれる信念があると、 周りの望むようにと行動してしまう、 人に認められるように行動を起こしてしまうということ …

カウンセラーになろうと決めた時のこと(Question#47)

私が、一番最初にカウンセラーなりたいと思ったのは、19歳か20歳くらいの時でした。 その想いはちらっと頭をかすめた程度のものでしたが、確かにそう思ったなぁと振り返ります。   当時の私は、親元を離れて専門学校の …

自分に対する愛が足りない時

自分に対する愛、許しが無い時は、 出会う人との間にも愛のあるコミュニケーションが できなかったように思います。 当時は、「人を救いたい」「家族を幸せにしたい」と思っていた自分が、 まず自分を自分で救う必要があることに気づ …

思いを言葉にしていく中で

自分の心の中の思いを言葉にする。 同じ内容に対して これを何回か繰り返していくうちに、 気持ちの整理ができてスッキリとしてくる。 なんとなく感じていた気持ちをはっきりしたものとして再確認できる。 という効果があります。 …

« 1 2 3 4 »
ご予約カレンダー

最近の投稿

予約カレンダー

2017年11月
     
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
2017年10月

ブログ~光の中へ~

PAGETOP