そこにはそれなりの背景があり、

どこかで自覚させられるのかもしれません。

 

自分を愛せない

我が子を愛せないということ

 

そういった場合もあるのです。